会社でも「辛い」という気持ちを伝えてもいい

会社勤めの方の中には、会社で同僚や上司に「辛い」という気持ちを伝えたことがない方が多いだろう。

怒りや喜びを表現する人はよくみるのだが、辛さに関しては我慢してほとんどの人が口にしない。

「辛さ」を表現するには呪縛がある。

「弱いやつとは思われたくない」「仕事を任せて貰えなくなるかもしれない」「辛さを黙って飲み込むことも仕事のひとつだ」「理屈では相手が正しい、自分が未熟だから我慢しないといけない」等、だいたいこんな理由だろう。

そして黙って耐え忍んで、さらに辛くなる。

僕もそうだ。

僕も最近、会社で辛い気持ちを我慢して、平気なふりをし続けた。

あるとき同僚から「あなたがダメだから、自分があなたの尻拭いをして大変な目にあってる」というような内容を伝えられ、とても気分が悪くなった。

ここで理屈で考えては我慢することになる。

「自分のせい」で相手に辛い思いをさせてしまっている理屈に納得できるなら、「悪い」自分は我慢をしなければならない存在だからだ。

でも感情は理屈じゃない。

気分が悪いものは悪い。

いつも通り我慢するか、いや相手が何か変わることを期待して辛いと伝えるか、何も期待せずただ辛いと伝えるか、迷って迷って、何も期待せず辛いと伝えた。

するとどうなったか?

相手は何も変わらなかった。

やっぱり「私があなたのせいであなたよりもっと辛い」としか反応が返ってこなかった。

そうかもしれないし、そうでは無いのかもしれない、それは相手の問題であって僕の問題では無いのだ。

変わったのは相手で無く僕だった。

迷いまくった割にはあっさり伝えられた。

伝えるとあっけないものだった。

今回はそれだけで済んだだけかもしれないが、たったそれだけだったと知れたことが良かった。

こうやってブログに整理してまとめることもできたし、スッキリした。

職場で辛さを口に出しづらいが、伝えてみるとあっけないことに驚く。

それがわかるだけでも伝えてみる価値はありそうだ。


kotetsu

kotetsu

サラリーマンがブログ始めました。 詳しいプロフィールはこちら