読んだ本を忘れてしまうことの恐怖からの決別

僕は本を読むとき、忘れてはいけないという恐怖がどこかにある。

だから読むのが遅いし、どこか純粋に本を楽しめない自分がいる。

でも、もういい。

本は忘れていいのだ。

すぐに思い出せなくても、どこかで何かのときに、思い出すことがあると信じよう。

もし、思い出せなくても、その本は今の自分にとってそれほど大事ではなかったとのことだけ。

いつか必要になったときにまた手に取るだろう。

そんな風に純粋に本を読むことと付き合っていきたい。


kotetsu

kotetsu

サラリーマンがブログ始めました。 詳しいプロフィールはこちら