メールに大作は禁物

僕は時々ガッツリとメールを書くことがある。

惚れ惚れとするほど論理的で、難しい内容もわかりやすく、感傷的になりがちな読み手が受け入れやすいような表現の仕方をされており、なかなかに、なかなかなメールだ。

しかし、実情はと言うと、そのメールを作るのに1時間かかっているわけだ。

そんなメールなので、返信が気になって気になって仕方がない。

病的なことに、自分で送信メールを読み返して悦に入ることまでしている。

自分の思うような返信が来ない、または相手に無視されるようなことがあると、その後ズルズル引きずって仕事にならない。

はい、僕気づきました。

大作のメールは百害あって一理なしです。

一理くらいはあるかもしれないが、費やすエネルギー考えれば、全く割が合わない。

と言うことで、僕と同じナルシストな人は、メールはできるだけショートにしましょう。


kotetsu

kotetsu

サラリーマンがブログ始めました。 詳しいプロフィールはこちら