コーヒー味比べした結果 ~高級豆VS安い粉~

豆から淹れたコーヒーは格別

豆から淹れるコーヒーデビューを果たしたことによって、

気持ちだけはワンランク上の暮らしをしております。

でも残念ながら飲んでいるのは家族で私だけです。

それではちょっと寂しいので、

豆から淹れるコーヒーのうまさを家族と共有したい

と思いました。

ただ飲ませて「おいしいだろ?」よりは、

家にあった安い粉から淹れたコーヒーと味比べして、

その違いを実感してもらった方が感動が大きいだろう

と考えました。

ちなみに、豆は近所のコーヒー豆屋さんで買ってきた

深煎りの「ケニア カリアイニAA」の630円/100g

高級なお豆様です。

ケニアしか分かりませんが、

「AA」とかなんだかすごそうな感じです。

一方の粉コーヒーは、

500円/500gのスーパーで買ってきた

お徳用ブレンドコーヒーです。

粉も美味しいのですが、高級豆の前では、

残念ながら当て馬にしかならないでしょう。

早く起きた次男と一緒にゴリゴリ豆を挽いて

みんなが起きてくるのを待ちました。

Aが高級豆、Bが安い粉から淹れたコーヒーです。

私以外はどっちがどっちか知りません。

せっかくなので味の指標ごとに評価してみようと思い、

調べるとちょうどよさそうな記事ができました。

こちらのDiamondの記事でバリスタの方が

簡易的な4つの味の指標を出してくれていたので、

参考にしました。

素人には分かったような分からないような

難しい指標ですが(笑)、

妻、長男も起こして

それぞれ 〇 △ × で評価をつけてもらいました。

その結果・・・

安い粉が圧勝してしまいました(笑)

次々とB(粉)に票を入れられて

いたたまれなくなった私は

バリスタの教えを破って

「香りならば圧勝だろ!」と思い、

勝手に「香り」の指標を足しましたが、

さらに傷口に塩を塗る結果になりました…

妻は学生時代に酒蔵の学芸員をやったみたいで、

なにやら慣れた手つきで試飲して評価して、

「Bの方がおいしい」と言う始末…

私は答えを知っていたので

味比べをやるつもりは無かったのですが、

豆の名誉挽回を狙ったのがすぐ分かりますね…

結論

正直なところ、たしかに、粉もおいしいかった!

ブラジル、エクアドル、などがブレンドされ

スッキリして飲みやすかった。

結論としては、

ブレンドはよく考えられた優秀なコーヒーだということ、

味覚は人それぞれ違う、ということですね!

朝から家族で盛り上がって楽しかったので良しとしましょう!

狙い通りではありませんが、

みんなコーヒーはおいしいと思ってくれたみたいですし(苦笑)

次は浅煎り豆で挑戦しようかな…


kotetsu

kotetsu

サラリーマンがブログ始めました。 詳しいプロフィールはこちら