仕事はできる人がやればいい

何かを犠牲にしてまで、なんでもかんでも仕事をやらないといけないと思っていることはないだろうか?

良くも悪くも、真面目な人ほどそう思いがちだろう。

これを続けていると、本人の精神衛生上良くないし、人間関係も悪化してしまう。

やってることが好きでたまらないのであれば大丈夫だろうが、本当はそうしたくないと思いながら続けていると疲れ切ってしまう。

さらに、自分の仕事だけしていればいいと割り切っている人たちに対して腹が立ってしまう。

ではこの状態から脱するにはどうすれば良いのか?

仕事はできる人がやればいい、と割り切ってしまうこと。

大丈夫、あなたがやらなくても誰かがいつかやってくれるし、誰かがやらなくても、世の中は回っていく。

無理せず、自分のやれること、目の前にあることをやっていけばいい。

「本当は自分がやらないといけない!」と思う仕事を他の人がやってしまうかもしれない。

自分が無能であると押し付けられた嫌な気持ちになるかもしれないが、それは今あなたがやるべきことでは無かったのだということ。

できる人がやってくれるなら、それはそれで良いのだ。

不安感からなんでもかんでも仕事をやらないといけないと焦る気持ちは理解できるし、僕もどちらかと言えばそうだ。

でもそれを続けていてもいいことはないみたいだということは事実を見ていればわかる。

少しずつでいいから、自分のやれることだけやると考えていけば、自分も周りも楽になる。


kotetsu

kotetsu

サラリーマンがブログ始めました。 詳しいプロフィールはこちら