困った時は小さく考える

ブログ始めて1ヶ月。

大きなテーマから書こうとするときほど

矛盾が目について筆が止まりがちです。

(いつも勢いでポチッとしますが笑)

でも、困った時は小さく考えれば、

うまくいくことが多いように感じます。

大きいところから考えると矛盾にぶち当たる

たとえば「幸せになるためには情報ダイエットが必要だ!」

と書こうとします。

大きなテーマですね。

つぎに「なぜならば」と理由をあげようとします。

「時間が奪われるから」「不必要な情報まで入ってくるから」などです。

でもふと考え込んでしまいます。

「時間が奪われるのは優先順位をつけてないからでは…」

「必要な情報が入ってくるようにすれば、幸福度上がるよな…」

はい、筆が止まります。

突き進むこともできますが、

心に引っかかって気持ち悪かったりします。

大きなテーマを思いついた小さな出来事があるはず

先の例でいくと、情報ダイエットで幸せになる、

と考えるに至った小さな出来事があるはずです。

たとえば、携帯電話を壊してしまい、

情報が入らない1日を過ごしてみたら

すごく気分が良かった、とか。

その出来事と、そこで感じたことを丁寧に書き、

最後に結論として

「情報が入ってこないことで、

充実した時間を過ごすことができた」

と言うこともできます。

まとめ

書き方に正解はありませんが、

困ったときは大きなテーマからでなく、

小さい出来事から書いた方がうまくいく

と書きました。

これ、ブログのことだけではなく、

仕事も、お家でのやることも応用が利きます。

論文の研究テーマも同じですよね。

いつかそのあたりも書いていきます。


kotetsu

kotetsu

サラリーマンがブログ始めました。 詳しいプロフィールはこちら